本文へスキップ

プリザーブドフラワーとは?プリザーブドフラワーの制作講座の紹介など・・・

プリザーブドフラワーの作り方/プリザーブドフラワー

ビオナチュレフラワー制作

プリザーブドフラワーpreserved flower

プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーの作り方は、切花を咲いた状態で有機溶剤を用いて脱水、脱色し、続けて保存液となる不揮発性溶液を用いて水分と置換し、染料を用いて着色させた後乾燥させる。ドライフラワーと異なり、花弁の鮮やかさは生きた花と比べても遜色なく触っても柔らかくて瑞々しい。

ウェディングブーケやインテリアフラワー、インテリアアートとしてその存在が一般的になっている。

脱水にはメタノール・エタノールなどの低級アルコールを主成分とする液、水分の置換にはポリエチレングリコールや高級エーテルなど、不揮発性で比較的安全性の高い有機溶剤を用いる。

最近は自分で作れるプリザーブドフラワー液が普及し始めている。製品は主に薔薇のプリザーブドフラワーが主体であるが作製液があればオリジナルの花が作れる上に好きな色が染められる。

フラワースクールが多い中、差別化を図るために導入するスクールが増えているが、技術的には製品のレベルに及ばない為に過度の期待は禁物である。「最新の技術で天然の色を残すことが可能」とうたっている場合もあるが、あくまで趣味の延長として使用する方が良い。


プリザーブドフラワー制作講座

日本バイオフラワー協会認定講座
プリザーブドフラワー製作3級技能を認定!


生花のままの美しさを何年も楽しむことができる
プリザーブドフラワーが自宅で、カンタン、手軽に作れます!


スクール名 がくぶん総合教育センター 
標準受講期間 標準期間5ヶ月
添削有無・回数 あり  /  -
受講料 【入学金】 0円    【受講料】一括・4万8000円 分割払いもお選びいただけます
送付物 テキスト3冊、プリザーブドフラワー作製溶液(脱水用・染色用)、加工用具、アレンジ用副花材、材料、用具、ガイダンス、実物指導提出用紙、質問用紙、他